ご報告と感謝のお礼

 


 数ヶ月間の長い期間、先延ばしをしてご報告しないまま

 ブログを更新ささせていただいていました

 訪問もなかなか出来ない私に、変わりなくコメントを下さり

 優しいお言葉や、励ましのお言葉には心より感謝でいっぱいです

 見守り続けてくださった方々、お気遣いに感謝しています

 ここに訪問、またレシピブログに訪問を下さった皆様

 この場で申し訳ありません


 ほんとうにありがとうございました
 

 
 ご報告というのは、今年2月初旬に体調に異変を感じ

 近くの病院を受診したオットが

 その病院では治療は無理とその先生の判断で
 
 今回検査、治療、手術していただいた

 病院に予約と紹介状を頂きました

 (その病院は、私達二人で希望した病院でした)

 

 2月に初めて診察に行き、その日の内に外来検査の予約が全て決まり

 その日の内に、入院の日程も決まりました

 その日程に合わせて、合間に仕事や

 スケジュールをこなす日々の始まりでした


 ただ、二人でこれからをどう過ごすか

 病気と向き合うって行くか決めたことは

 人に頼らず二人で、向き合ってやっていこうと決めました

 今回のその気持ちで、ブログに書くと甘えてしまう

 駄目になりそうでご報告できないでいました


 仕事関係の方には、内緒に出来ない方にだけお話をして

 お見舞いは全てお断りして

 気持ちをこの病気にだけ専念できる体制を整えました

 そのことを、理解くださった方々にも感謝している二人です

 
 
 3月~4月中旬まで入院となり

 5月に手術を受ける事が、4月に外来受診決まりました

 それも、経過が良かったのでほんとにラッキーでした

 3月の入院中に、私がウイルスの風邪にかかり

 病院に行けなかったのは、私の気負いと甘さでした

 
 3月末には外泊も出来る順調な経過で

 4月中旬には、1度退院ができて手術に向けての

 体力づくりもできる環境になったのは、ほんとう恵まれたことだったようです

 

 
 手術は10時間に及ぶ大手術で、その後ICUに入るといことでした

 家族がその光景を見ると、ショックが大きいと

 5月の入院の日に看護師の方からの説明で

 帰宅したその日に、説明を思い出してしっかりと受け止めて

 その日に向かって心の準備をして

 手術当日にショックはうけないで済みました

 

 10時間の手術の後、ICUは短くて3~4日

 その方の状態により、日数は変わると説明を受けていましたが

 本人の状態もよく、手術当日を入れて2泊3日と最短で回復室という

 病棟のお部屋に移動でき

 面会時間も朝から夜までと一緒に過ごせるようになりました



 ICUは決まった時間の、30分という面会時間で

 インターホンで家族であると受け付けていただき

 OKが出てドアが開放されて、荷物をロッカーに入れ

 手洗いをして、初めて面会できるという状況っでした

 時間が限られているのが、高速道路を走り駐車場に車を止めて

 
 ICUのインターホンまで行く時間は、ほんとにしんどいことでした

 そんなわがままを云えるのも、今だからで一人の先生と看護師の方が

 24時間ずっと側で見守り続けて、早い対応をして本人と接して

 下さったおかげで安心して過ごせました

 
 
 その後5日目には一般のお部屋に移動できて

 順調に回復することができました

 
 入院までは検査結果も、何もわからない状態で気持ちは不安でしたが

 無事に治療も終えて、昨日やっと退院する事ができました

 ご報告が遅れて、今更と思われるかもしれませんが

 気持ちなどお察し頂き、ご理解いただけると幸いです



 ブログを通して、皆様に心強さと励ましを受けて頑張る事ができました

 また、自分自身が食事を疎かにしないで、過ごす事もできました

 小さなアクシデントはありましたが、この数ヶ月を過ごす事もできました

 

 これから経過をみながらの生活にはなりますが

 焦ることなくゆっくり戻れたらと思っています

 
 皆様といろいろお話ができブログを通じて

 刺激を受けていけたら嬉しいと感じています

 どうか、これからもよろしくお願い致します


                          みなずき 拝


 

 

 
[PR]
by minazuki-3 | 2011-06-03 16:42 | 思っている事