葡萄100%ジュース


 今週初めての卓球に行った帰宅して冷たい葡萄100%ジュース

e0126576_8485173.jpg


 
 酸味と甘味のバランスも良く、ごくごく飲める

 葡萄ジュースの作り方とは全く違うほんとうは、凄く手間と時間がかかるらしい


<材料>
ぶどう・・・ピオーネ 2kg(ペリー・キャンベルでも大丈夫らしい)
砂糖 ・・・ジュースの60~80%   



<作り方>      

1.一粒ずつ房からはずし、きれいに水洗いして、水を切る。

2.ぶどうをボールに入れ手でつぶす。

3.ほうろう鍋にぶどうの皮ごと入れ、火にかけて沸騰してから弱火にして5~6分煮る。

4.ぶどうの煮汁を布袋に入れて、つり下げて自然にこし、汁が切れるまでそのままにしておく。

5.ぶどう汁に分量の砂糖を加え、火にかけて沸騰させ、砂糖が溶けたら火を止めて一晩おく。

6.底の方にオリが沈んで上は透明になるので、上澄み液だけをビンにそっと移し、栓をして80℃以上にならないようにして20分間殺菌して保存する。

7.ジュースをとった残りのぶどうは、水・砂糖・レモンを加えてジャムとして利用できる。

 
工程はこんなに手間なので、簡単にミキサーで作った葡萄ジュース
時間は長く置けないのが欠点、変色するから・・・・
美味しければ、家で飲むには十分だ
[PR]
トラックバックURL : http://minazukigo.exblog.jp/tb/8394707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by L3M0N at 2008-07-31 18:09
うんうん、ジュースにするとかなり消費がすすみますよね。
あたしなんて...ジュースを作ったときは、火なんていれず、砂糖もなしで、いつものジューサー(にんじんジュース作ってるアレです)で一気に作ってしまいました。(笑)
もちろん、できたものをすぐに飲んだわけですが。

ぶどう、堪能してますね!
Commented by minazuki-3 at 2008-08-01 08:36
L3M0Nさん
レモンさんのと全く同じです。
出来たのをすぐに飲む。
これでも、4房でした。
手間をかけてまでは、家庭では無理です。
もう、殆ど残っていません。
by minazuki-3 | 2008-07-31 08:55 | 外食・お惣菜&おやつなど | Trackback | Comments(2)