炙りチャーシュー丼&韓国そうめん(温泉卵)

 2/27 お昼ご飯

 炙りチャーシュー(自家製温泉卵)・韓国そうめん

e0126576_983696.jpg


煮豚の残りを炙ってチャーシュー丼にした、ご飯は丁度一膳分
伊藤家の食卓で以前紹介されてから、温泉卵が手軽で成功率90%以上になった
今回も成功した温泉卵
丼には青葱といり胡麻・紅しょうがのトッピング




e0126576_99346.jpg


韓国そうめんのおそうめん日本製でこれも一束を半分のミニ
味付けが韓国風ということね
ナムルと韓国海苔・刻み葱とコチュジャンと胡麻油などをブレンドした甘味のあるお味噌を載せた韓国のあたたかいにゅう麺





伊藤家の食卓で紹介されていた温泉卵の作り方

一度のに4個で紹介されていましたが、1個でも2個でも作り方は同じで大丈夫です。



(1)お鍋に卵が浸かるくらいのお湯を沸かします。その間に冷蔵庫から卵を出しておきます。

ポイントは常温に近い状態に生の卵にするとで白身の状態は変わる

(2)お湯が沸騰したら火を止め、鍋をコンロから外し卵を入れるのですが・・・
  ここで裏ワザに使う“あるモノ”が登場!そのあるモノとは・・・“片栗粉”!

(3)大さじ山盛り1杯の片栗粉を、お玉1杯分の水で溶かして、お鍋の中に入れ、よくかき混ぜてから卵を入れます。

(4)あとはフタをして15分ほど待つだけ!15分たったら、卵を取り出し軽く水で冷やします。


   冷やして出来上がりです。
[PR]
トラックバックURL : http://minazukigo.exblog.jp/tb/7378959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by L3M0N at 2008-02-28 18:55
いつも上手にできている温泉卵。
これは、ポーチドエッグよりもお手軽にできますか?
もしそうなら、あたしも挑戦してみようかな。
Commented by minazuki-3 at 2008-02-29 08:29
L3M0Nさん
凄く簡単にできます。
ポーチドエッグより簡単だと思います。
温泉卵の白身の固まりをゆるくするか、画像ぐらいにするかです。
内で使っている熱が冷めないステンレスお鍋では失敗が多いので、普通の鉄鍋を使っています。
最初のそれだけ気をつけると簡単で失敗は無いです。
by minazuki-3 | 2008-02-28 09:09 | エスニック&アジアの味 | Trackback | Comments(2)