葱春餅とワンタンスープ・白菜と青梗菜のとろ煮


 2/17 晩御飯

 葱春餅(甜面醤)・ワンタンスープ・白菜と青梗菜のとろ煮

e0126576_9484271.jpg


葱春餅は1枚分のみ作った甜面醤に胡麻油を混ぜたソース、でも何を巻いてもいいしソースもなくってもいい
この葱春餅は北京では豚の背脂を入れるのが多く屋台で、ファーストフードのように売られている
作ったのはラードを塗ってから葱を載せた、胡麻油でも大丈夫

白菜と青梗菜のとろ煮は前日のお鍋の白菜の残りを使った
[PR]
トラックバックURL : http://minazukigo.exblog.jp/tb/7292080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by senbe-2 at 2008-02-18 10:17
葱春餅って言うのね。
私の母は戦中に北京に住んでいたのです。
もちろん小さな頃なので、料理などをした覚えはないらしいですが、こんなクレープのようなものにみそをくるんで食べていたようです。とても懐かしがって、食べたいと言っていたので、今度挑戦してみようかな。みなずきさんも北京に行かれたことあります?中華がお得意そうだから。

Commented by L3M0N at 2008-02-18 23:22
春餅、小麦OKだったころに作っていました。
寝かせなくていいっていうのがいいですよね。
北京ダック似だとかお野菜の炒めたものだとか並べて、巻いて食べたりして...たのしくおいしかったです。(遠い目)
(ちょっとトルティーヤみたい。)
1枚分だけっていうのがまたいいですっ。

白菜と青梗菜のも、ワンタンスープも...ああ、おいしそう...。
Commented by minazuki-3 at 2008-02-19 08:03
senbe-2さん
葱春餅は小麦粉を使って、簡単で時間もご飯を炊くより早く出来ます。
お母さまの幼少の頃にこういう感じの生地を焼いて、お味噌などを巻いていたのかもしれないですね。
私は短い滞在でした。
北京で売っているのを見ましたが、食べたのは日本なんです。(笑)
教えて下さった方が、北京からの留学されていた方なんです。
Commented by minazuki-3 at 2008-02-19 08:08
L3M0Nさん
レモンさんも作られていたのですね。
生地は薄い方が好きなんです。本当のはパイのように重なるのが多いですね。
肉味噌を巻くのが一番好きなのですが、今回はどうしてもワンタンスープが食べたくって、お味噌のみになりました。
このお味噌は北京ダックのお味噌と同じです。

トルティーヤも多分ルーツは同じなんでしょうね。(笑)
by minazuki-3 | 2008-02-18 09:48 | お料理 | Trackback | Comments(4)