カーオ・パット・バイ・ガパオ(鶏肉とバジル炒めご飯)


 9/18 お昼ごはん


 カーオ・パット・バイ・ガパオ(鶏肉とバジル炒めご飯)


e0126576_17262938.jpg



タイの食堂や屋台ごはん、タイの人がよくお昼の食べている定番メニュー

フライパンで炒めるだけで、簡単に出来ます

牛肉や鶏肉などを、好みで選べます

牛肉ならタイでは、カパオ・ヌア・ラッカオ(牛挽肉とホーリーバジルのピリカラ丼)

今回もホージバジルでなくって、プランターのスイートバジルです



食べる時にレモンやライムを、好みの量絞るのを「レモンひとふり」を使いました




e0126576_1732267.jpg




タイでは目玉焼きではなく、揚げ焼きが一般的で

炒めた具と目玉の黄身がトロリご飯と混ぜ合わせて食べます




調味料はナンプラーとガーリック、鶏がらスープは大匙1程度

バジルの葉と砂糖一つまみは隠し味スウィートチリソースを何時も使うけれど

今回はレッドペパーを使ってみたけれど、これもありだと思った

タオチオは使わないのだけど、他にタイの醤油を持っていないので

少量だけ使って、味付けに補った

後は生の唐辛子を使うのだけど、ハラペーニョペパーを使った



食材はピーマンとレッドオニオン

タイではピーマンの緑や赤が一般的に、使われています






今回いろいろスパイスを使って、2種類のタイのレシピを作ったけれど

味付けはほんとうに身近なスパイスでも、近くなるのだと思った














レモンひとふり レモン入りパウダーレシピモニターへ参加中♪
[PR]
トラックバックURL : http://minazukigo.exblog.jp/tb/11170067
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by minazuki-3 | 2009-09-19 18:00 | お料理 | Trackback | Comments(0)